表示基材の特性・Q&A・用途例

特性

表示基材には水筆用紙、急乾帳があり、また、その応用例として水像紙、水像フィルムがあります。

〈表1 表示基材の種類〉
種類寸法(mm)
水筆用紙CA赤、黒、緑240×335
金・書く・字240×335
水筆用紙T赤、黒900×600
急乾帳アカ、クロ、ミドリ、ピンク、ブルー500×700

Q&A

Q. 印刷はできますか?
A. オフセット印刷をはじめとする、あらゆる印刷に対応します。
Q. どんな加工ができますか?
A. 普通の紙ですから切って使うこともできますし、様々な形態に仕上げることができます。
文字や絵柄などの印刷も自由自在です。
Q. 何回くらいくり返して使えますか?
A. 故意に表面を削らなければ500回くらいはくり返して使えます。
Q. どんな素材にも加工できますか?
A. はい。紙から不織布、プラスチック、無機金属などのシートにも、加工することができます。
Q. 子供がなめてしまっても大丈夫ですか?
A. 重金属などは含まれておりませんが、誤ってなめるなどの行為をされた場合は洗い流してください。

用途例

  • 習字練習用キット
  • 文字、数字学習用用紙
  • コースター
  • ステッカー

Copyright ©2022 NIPPON PAPER PAPYLIA CO.,LTD.