耐油紙の特性・Q&A・用途例

特性

〈表1 耐油紙の紙質〉
 坪量g/m²厚さµm引張強さKN/m耐油度分
35NFC35403.030
50NFB50525.030
※上記数値は標準値であり保証値ではありません。

Q&A

Q. フッ素樹脂を使っていないのですか?
A. フッ素樹脂はまったく使っておりません。
Q. 印刷はできますか?
A. 水やインキをはじかないので、普通の紙のように印刷できます。
Q. パーチメント紙との違いは何ですか?
A. 紙を濃硫酸で処理して油のしみ込みを防ぐのがパーチメント紙です。
日本製紙パピリアのノンフッ素耐油紙は、紙を緻密にすることで油のしみ込みをふせいでいます。
Q. ヒートシール適性はありますか?
A. ありません。貼り合わせには接着剤が必要です。接着剤の種類は問いません。
Q. 安全面に心配はありませんか?
A. 重金属、鉛、カドミウム、ヒ素、蛍光物質などの項目において、食品包装用フィルムに準じた試験の結果、すべて検出限度以下でした。また、廃棄に際しては紙として処理できます。

用途例

  • 揚げ物や焼き物の敷き紙
  • 油脂を含む食品の包装紙
  • ケーキなどの敷き紙

使用例

油脂を含む食品の包装紙

揚げ物やケーキなどの食品の油をしみ込ませない敷紙として、その機能を発揮します。のりづけして袋状にすることも可能。
食品を入れても、油が外にしみ出ず、手を汚さずに持ち運べます。表面に社名や取扱い方法などを印刷することもできます。

Copyright ©2022 NIPPON PAPER PAPYLIA CO.,LTD.