衛生材料

パピリアの湿式不織布はマスク・カバー・敷物と様々な衛生材料に使用されております。何故パピリアの製品を使用するのか?
答えの一つは肌触りです。
ユーザー様の使用感を第一に考えられた製品に、多数ご採用していただいております。
衛生材料の多くは乾式不織布を一般的に使われております。皆様もご使用された際に繊維が毛羽立って口に入ったり、繊維が飛んだりと嫌な思いをされたことがあるかと思います。
弊社の湿式不織布は表面の均一性が高く、なめらかな肌触りが特徴です。
ご使用するユーザー様のことを第一に考えた素材作りと想い。これがパピリアの衛生材料素材です。

マスク用原紙

16g/m²〜18g/m²程度で毛羽立ちが少なく滑らかな肌触りであることから、マスクの接触面に使用されております。また印刷適性も乾式不織布に比べて高いことから表側にも使用されております。

医療用衛生シート

医療用治療具の下に敷くシートです。使い捨てることで清潔に保ち、水分吸収力が高いことから血液や薬品の吸収も行います。

オペガウン

外科治療の際の医療従事者の保護服や、歯科治療時に患者様の衣服を汚さない為にエプロンとして使用します。

着色製品

弊社ではお客様のご要望に合わせて、抄紙機や樹脂加工機にて着色加工が可能です。

お問い合わせ先

日本製紙パピリア株式会社 機能品事業部 特殊紙部
TEL 03-6665-5870 FAX 03-3251-1879

日本製紙パピリア株式会社 大阪営業支店
TEL 06-6948-8671 FAX 06-6948-8672

Copyright ©2019 NIPPON PAPER PAPYLIA CO.,LTD.