手帳用紙と書籍用紙の特徴を併せ持つ、印刷用紙です。
手帳用紙にある筆記、ペン書きサイズ適性(ラインマーカー適性)と書籍用紙にある4色印刷適性、不透明度の高い風合いを持つ、印刷用紙です。
学習参考書、問題集等の教材分野、医学書、法律書等をはじめとする専門書分野で幅広くご利用いただけます。

軽量化によるメリット

日本製紙パピリアが得意とする嵩高技術を用紙に付与する事で、「軽量化」と「コストダウン」を実現致しました。微塗工紙と同じページ数で書物を製作し比較した場合20%程度の軽量化を図る事が出来ます。
例:現在、他社微塗工紙64gを使用し書物を製作していると仮定すると、同一のページ数で書物の束を同程度にした場合、オーク・テキストでは52.3gで製作する事が可能となり「軽量化」を実現する事が可能となります。

Copyright ©2019 NIPPON PAPER PAPYLIA CO.,LTD.